数学の基礎を固めるためには

前回は、数学の入試問題を解くうえで、以下の参考書が必須であると述べました。

 

詳解と演習大学院入試問題〈数学〉―大学数学の理解を深めよう

詳解と演習大学院入試問題〈数学〉―大学数学の理解を深めよう

 

 しかし、これを難しいと感じてしまう読者もいると思います。

私は、最初、この問題集があることを知らず、他の参考書たちを読み漁っていました。

その中で、一番解説が分かり易く、基礎に重きを置いている参考書を紹介します。

以下の参考書は、学部で習う数学を網羅しています。

 

これならわかる工学部で学ぶ数学

これならわかる工学部で学ぶ数学

 

 この本をベースにするととても良いです。

分からない問題があったら、この参考書に戻るということを私は、何回も繰り返しました。

基礎固めさえしっかりしておけば大丈夫です。

数学対策

何と言っても理系の大学院は数学が全てと言って過言ではありません。

情報学も入りますが、まずは数学です。特に基礎数学。

それは徹底して、同じ問題集を何回も繰り返しましょう。

私が使ったのは、

詳解と演習大学院入試問題〈数学〉―大学数学の理解を深めよう

です。

私は、これを1月から解き始め、8月までに最低3周は繰り返しました。基礎数学はこれで絶対大丈夫です。

他のサイトで、良く大学院の数学は

演習 大学院入試問題[数学]I

演習大学院入試問題[数学]II 第3版

 を勧められていますが、私には、最初難しすぎました・・・

しかし、①の問題集を3周すると、上記の②、③の問題集も解けるようになります。

つまり、ベストなのは、①を3周、直前の1か月に②、③を解くことです。

問題集としての量は、②、③が優れていますが、解説は①が非常に分かり易いです。

 

詳解と演習大学院入試問題〈数学〉―大学数学の理解を深めよう

詳解と演習大学院入試問題〈数学〉―大学数学の理解を深めよう

 

 

 

 

演習 大学院入試問題[数学]I

演習 大学院入試問題[数学]I

 

 

 

演習大学院入試問題[数学]II 第3版

演習大学院入試問題[数学]II 第3版

 

 

まず最初に私がしたこと。

大学院に行くぞと決めたら、まずゴールを決めましょう。

ゴールは一番いい大学院行くぞとかではなく、○○大学大学院○○研究科○○研究室のように具体的に決めましょう。

そして、各大学ごとに徹底的に調べ上げましょう。

過去問も出ている大学が多いです。解答はないですが、まず、全てダウンロードし、縮小印刷し、問題を眺めましょう。

見た段階で、問題に対して手が動くのであれば、英語次第ですが、ほぼ間違いなく筆記は合格するでしょう。

しかし、私は1月の時点では、ほとんど手が動きませんでした。

あと、7か月後には試験なのに・・・と焦った覚えがあります。

つまり、まず『敵を知ること』

なぜ院試を受けようと思ったのか。

 私自身、もともと大学院には興味がありました。

 しかし、東大や、東工大の大学院の過去問をみて『自分には無理だ』と決めつけてしまいました。

 そういう方、案外多いのではないでしょうか。ネットでは大学院は簡単だと書かれていますが、問題を見ると、案外難しいものです。

 そして、就活をし、企業に就職したものの、数年がたち、改めて自分はこれでいいのか?と思ってしまったからです。逃げたという罪悪感かもしれません。

 社会人は学生と違い、お金もあるし、楽しいし、今の現状に満足しています。

しかし、何か、挑戦したい。しなければ人間成長しない。そう考えて1月に受験をすることに決めました。

 

院試を受けるにあたって注意すべきこと。

このブログの読者の皆さんに伝えたいことは、

院試は筆記にただ合格することがゴールではないということです。

つまり、目指したい研究室に所属するためには、高い点数で筆記試験に合格しなければ

ならないということです。

面接では、筆記試験の手ごたえだけでなく、希望の研究室についても、聞かれます。

また、大学によっては、「あなたの点数ではこの研究室は行けません」と言われることもあります。(東工大

特に私の様な、外様(他大学からの進学者)は注意が必要です。

高い点数で合格できるように頑張っていきましょう。

社会人としての受験のメリット・デメリット

私が感じた社会人としての受験のメリットとデメリットをざっと述べたいと思います。

メリット ・社会人としての経験をもとに、新たに勉学に打ち込める

     ・社会人として働いており、金銭的に余裕があり、参考書を金額気にせず

      買うことが可能

     ・落ちたとしても、そのまま社会人として働けばよいという安心感

デメリット・受験から遠ざかっており、基本から復習をしなければならない

     ・どの参考書を買えばよいのかわからない

     ・研究室訪問の時間がない

 

私は、特に、どの参考書を買い、院試に臨めばよいのかわからなく苦労をしました・・

 

社会人が贈る院試の受かり方

大学院への入学を目指している時間のない社会人のみなさんのために

私の経験をもとに、効率の良い勉強の仕方を伝えられたらと思っています。

また、時間のない学部生も大歓迎です。

よろしくお願いします。

ベース;Marchクラスの理工系の学部卒

ターゲット;東京大学大学院 情報理工学

      東京工業大学 情報理工学院

平均一日学習時間;平日1時間/休日8時間(不規則)