院試を受けるにあたって注意すべきこと。

このブログの読者の皆さんに伝えたいことは、

院試は筆記にただ合格することがゴールではないということです。

つまり、目指したい研究室に所属するためには、高い点数で筆記試験に合格しなければ

ならないということです。

面接では、筆記試験の手ごたえだけでなく、希望の研究室についても、聞かれます。

また、大学によっては、「あなたの点数ではこの研究室は行けません」と言われることもあります。(東工大

特に私の様な、外様(他大学からの進学者)は注意が必要です。

高い点数で合格できるように頑張っていきましょう。